離乳食(おかゆ)をただの離乳食で終わらせないキューピーのにこにこボックス

【レビュー】離乳食(おかゆ)をただの離乳食で終わらせないキューピーのにこにこボックス
この商品は以下のような人におすすめです!
  1. 離乳食作りに時間をかけられない
  2. 主食とおかずセットの離乳食ランチが欲しい
  3. 食事の時間に赤ちゃんが飽きがち

娘が離乳食後期(9~11ヶ月頃)に差し掛かってから、1日に1回は食事中にぐずるようになりました。

ベビーチェアに座らせて、最初はおとなしく口を開けてパクパク離乳食を食べます。
が、だいたい半量ぐらい食べたところで「うにゃうにゃ」言い出し、差し出したスプーンを払いのける様な仕草をします。

それまでは、おとなしくミルクを飲み、離乳食初期もただただ素直に食べていたのにです。

10カ月の赤ちゃんが離乳食を手づかみ食べしない話

10カ月の赤ちゃんが離乳食を手づかみ食べしない話

2021年6月2日

なんとか飽きずに食事してほしいという思いで毎日試行錯誤の日々です。
そんな中で私がお気に入りの離乳食「キューピーのにこにこボックス」を紹介します。

娘が離乳食を嫌がる原因

赤ちゃんは泣くだけが意思表示なので何が原因で泣いているのかはっきりとわかりづらいです。
最近は身振り手振りも増えてなんとなくわかるようになってきました!

私の娘の場合ですが、だいたい以下のような状況でぐずります。

  • 離乳食を食べる直前まで遊んでいたからまだ遊びたい
  • 飲み物が飲みたい(のどが渇いてるか飲み込みにくいものがある)

食事中のぐずりは飲み物を与えると大人しくなることに最近気づきました!
「ああ、麦茶が飲みたかったのね~」と振り返ってみてようやくわかりました。

最近では麦茶で落ち着くことが多いので、娘はだいたい「お茶飲ませて」と言っていたようです(笑)

ですが、そんなうまいこともいかず…麦茶を飲ませてもぐずるときがあります。

遊び足りなくておもちゃかな?と思っても食事に集中できないのでベビーチェアのテーブルにおもちゃは置きたくないし。

おもちゃを置いたとしても、すぐ床に落としてしまいます。
拾い上げる~落とすの作業を繰り返しされてこちらも疲れます。

キューピーのにこにこボックスで楽しく食事

そこで我が家では、「キューピーのにこにこボックス」を食べさせています。

私が気に入っているところは主食とおかずがセットというところです。
主食またはおかずだけの離乳食がたくさん売られている中で、セットのお弁当形式なのが離乳食作りに時間をかけられない忙しいママパパたちには嬉しいポイントではないでしょうか。

ラインナップは7カ月ごろ~12カ月以降とバリエーションも豊富で、私は離乳食を作る時間が無い日にいろんな味をルーティーンで食べさせています。

カップ入りで2個同時に電子レンジで500w20秒チンするだけで離乳食完成!
めちゃくちゃラクで助かっています。

電子レンジでチンしなくても常温で食べることもできるので、お出かけ時や非常用に便利です。

パッケージにも工夫が

パッケージの箱が動物の顔になっていて、指を使ってパクパクさせることが出来るようになっています。

このパクパクしている口のところでスプーンを掴んで娘に食べさせると、結構笑ってくれて機嫌が良くなって食べてくれます。

パペットと一緒にカミカミする練習をしたりして、親子のコミュニケーションのきっかけにもなります。

必要になる離乳食プラスちょっとした食事中のおもちゃにもなるスグレモノです。

パッケージに動物のかわいいイラストがプリントされているだけなので、食べ物がついたり汚れてしまっても捨ててしまえばOKです。

娘は11ヶ月で効果アリですが、このパッケージのイラストの効果がいつまで続くかわかりませんが…







PVアクセスランキング にほんブログ村