丈夫で長く使えてオトクなエアーバスチェア

丈夫で長く使えてオトクなエアーバスチェア
赤ちゃんがシャンプーを嫌がるようになった話

赤ちゃんがシャンプーを嫌がるようになった話

2021年6月5日
この商品は以下のような人におすすめです!
  1. オトクに長くバスチェアを使いたい
  2. 赤ちゃんが安心して使えるモノがいい
  3. 帰省先や旅行中のお風呂でも使いたい

赤ちゃんの首が座りだしたころに新しく購入を検討したのが、お風呂で赤ちゃんを座らせることができるエアーバスチェア

お風呂でのお世話が私は一番苦手です。
手がお湯と石鹸で濡れて滑るから娘の体を支えるのに毎回必死です。
だんだん体重も重くなってもはや修行です…

そしてワンオペ育児でのお風呂で大変なのが、お風呂あがりの着替え。
これが時間との勝負。

我が家は夫か義母がサポートしてくれるのでとても助かっていますが、どうしてもワンオペしなければいけないときがあり、それはそれは本っっっっっ当に大変でした…

そんなときにも役立つエアーバスチェアを体験談を踏まえてご紹介します。

ちなみに…
新生児期の沐浴ではこちらのベビーバスを使用していました♪

エアーバスチェアのおすすめポイント

2WAYなので長く使える

赤ちゃんが生後2ヶ月頃からベッドタイプとして使用でき、おすわりができるようになる7ヶ月頃からチェアタイプで使用することができます

赤ちゃんの成長に合わせて変えられるのは長く使えて家計にも助かります。
こういうのってほんの一時期しか使いませんからね…

ベッドタイプはクッションとマットを使って、リクライニングのようにして寝させます。
娘はベッドタイプは滑って嫌がりましたが…

チェアタイプは股部分にストッパーがあるので、手前に滑らないような仕組みになっています。
後頭部のところに大きいクッション(ヘッドレスト)があるので赤ちゃんの頭もしっかり預けることができます。

お風呂場以外でもお部屋でお座りの練習として使うこともできますよ。

ワンオペの場合には、このバスチェアで待たせておいて、ママはササっと下着を履く!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

空気で膨らませるので赤ちゃんも安心

ビニール製で空気で膨らませるので、座り心地は浮き輪のようにふかふか。
もし赤ちゃんが滑ってもやさしく受け止めてくれます

我が家では冬場に使用していたので、お風呂のお湯でバスチェアを温めてから娘を座らせていました。
そうしないと冷たくてびっくりして泣いてしまうことがあったからです。

熱くなりすぎず、温めやすいのもビニール製ならではですね。

エアーポンプ内臓で膨らませるのが簡単

エアーポンプが内臓されているので、空気入れがなくても膨らませることができます。
通常の空気穴もあって、空気入れと併用するとより早く膨らませることができます

空気入れというのはこんなやつです。

空気を抜いて折りたためば持ち運びに便利

空気を抜けば折りたたることができるので、じいじばあばの帰省先や旅行先へ持っていくことが出来ます

我が家も娘がたっち出来るようになってからはバスチェアは折りたたんで押入れにしまっています。

かさばりがちな子供用品が多い中、省スペースで片付けられるのも大きなポイントです。

でも…気になるポイントも

水が抜けにくくなる

他のバスチェアも同じかもしれませんが、赤ちゃんが1歳頃になるとお尻の方にある水抜き穴をかわいいお尻が塞いでしまい、水が抜けにくくなります。

体についたボディーソープを落としてもお尻に水が溜まっているので泡がついたままになることも。

そんなときは慎重に赤ちゃんを持ち上げて水を抜いて上げる必要があります。
すべての穴を塞いでいるわけではないので少し時間をおけば水は抜けますが、急いでいると気になるポイントです。

片方に寄りかかるとひっくり返りそうになる

このバスチェアは空気で膨らませているので軽く、赤ちゃんが極端に片方に寄ってしまうとひっくり返りそうになることがあります。

娘はバスチェアに座っている間、周りのものが気になって「触らせてー!」と急に動き出したりします。

赤ちゃんは予期しない行動をすることがあるので、バスチェアの場合でも気をつけなければなりません。

お尻を洗うのが少し手間

これはバスチェアに座らせたまま体を洗う場合の話です。

構造的な問題ですが、股の間に空気を入れるポンプが付いているためお尻を洗うときは両足を持ち上げてお尻を上げる必要があります。

空気ポンプはおすわりができるようになるまではつっかえ棒のような役割をして便利なのですが、これが結構やっかい。

実際に使ってみて、座らせながらお尻は洗いづらいなあと感じました。
赤ちゃんのお尻ってツルツルすぎて想像以上に滑ります 笑

使用しているエアーバスチェアはこちらです↓







PVアクセスランキング にほんブログ村